睡眠障害と治療薬の飲み方 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と治療薬の飲み方

睡眠障害を解消するために、薬を使用する場合があります。最近は、軽度の睡眠障害の場合であれば、ドラックストアや薬局で購入できるものもあります。この薬は、一過性の睡眠障害で一時的に飲むのは問題ないでしょう。しかし、長期的な睡眠障害によって、体にもさまざまな影響が現れるので、必ず、医師の診察を受け、適した処方をしてもらうようにしましょう。
睡眠障害に使われる薬を服用するときは、必ず、水で飲むようにしましょう。アルコールで飲むと、作用を強める危険があるので絶対にしてはいけません。それから、カフェインが含まれるコーヒーやお茶も控えるようにします。
睡眠障害に使われる薬は、ベンゾジアゼピン系の薬が多く、症状にあわせて効き目の長さや効果が現れるまでの時間に差があります。ですから、自分の症状をしっかりと主治医に伝え、適正な薬を選んでもらうようにします。このような薬を飲み始めると、めまいやふらつきなどが現れる場合もあります。
ですが、しばらく飲んでいると、めまいやふらつきは、現れなくなりますので、飲み始めは転ばないように注意しましょう。また、薬を飲んだために、眠気が強く現れる場合や朝になっても、効果が薄れることなく眠り続けてしまう場合もあります。ですから、効果が強いと感じた場合は、医師に速やかに相談するようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター