睡眠障害と子供に現れる症状 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と子供に現れる症状

睡眠障害に悩む人は多く、医師による治療を行っている場合もあります。睡眠障害の理由には、時差ボケや交代勤務などによる生理学的な原因や悩みや家族や親しい人の死など、強いショックを受けた場合などによる心理学的な原因のほかに、カフェインやアルコールの影響、病気の治療のために飲んでいる薬の影響による薬理学的な原因などがあります。どれにあたいするかは、医師の診察などによって決定されます。
睡眠障害は、大人が陥りやすいものですが、子供でもその症状を訴える場合があります。子供でも、乳幼児の脳は発達途中で、レム睡眠とノンレム睡眠の境目が曖昧です。そのために、朝と夜の区別がありません。これは、睡眠障害というよりは生理学的な問題です。ですが、そのまま放置すれば、幼児になっても朝と夜が逆転している生活を送りかねないので、乳幼児の時期から出来るだけ、朝目が覚めたら、日光を浴びて、体を目覚めさせます。そして、夜になったら、明かりを消して、寝る準備をさせるようにしましょう。
幼児から小学校低学年の子供に見られる睡眠障害には、夢遊病(睡眠時遊行症)や夜驚症(睡眠時驚愕症)などがあります。成長と共に改善されますが、突然、置きだし騒ぎ出したり、うろうろと歩きまわったりすることもあります。そのほかにも、翌日の予定などで緊張して眠れないなどと言うこともあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター