睡眠障害とアルコールの関わり 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害とアルコールの関わり

睡眠障害は、環境の変化やストレス、体や心の病気などによって、発生します。一時的なものや長い期間悩ませられる場合もあります。
睡眠障害は、夜に寝付くことが出来ない不眠症が代表的ですが、そのほかにも、睡眠時無呼吸症候群や過眠症などもあります。どのような睡眠障害でも、眠れない、というのは精神的、肉体的にも限界があります。そのため、お酒に酔って、眠ってしまおう、と考える場合や寝酒と称して、寝る前に飲酒を行う人がいます。お酒に酔うと、確かに眠りを誘い、実際に眠ってしまう場合もありますが、睡眠障害の場合は、寝酒や睡眠薬の代わりのようなアルコールの取り過ぎはよくありません。
アルコールを飲むと、眠気を誘い眠ることも出来ますが、質のよい眠りにはつながりにくいです。アルコールによって、高揚感が高まっているので、眠ったとしても、数時間で目が覚めてしまいます。そして、トイレに行きたくなって目覚める場合もあります。その結果、質のよい睡眠がとれずに1日ぼんやり過ごすことにもなりかねません。ですから、寝酒として飲むのであれば、極少量にしておいた方が良いでしょう。
アルコールの取り方は、のちの習慣や体調にも影響を及ぼすので、程ほどにしておきましょう。精神的な要因で、睡眠障害に陥っている場合は、アルコール依存症になる場合もあるので、注意が必要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター