睡眠障害が引き起こす症状 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害が引き起こす症状

睡眠障害が引き起こす症状は様々です。睡眠障害の一つにナルコレプシーというのがあります。会話中など日常生活をしている中で突然強い睡魔に襲われ、気絶してしまったかのように眠ってしまったり、一般的に夢遊病といわれる睡眠時遊行症で家中を動き回るといった行動をとることもあります。
ナルコレプシーにより転倒してしまい、ケガをする恐れもあるのです。眠れないや寝つきが悪いという不眠症も睡眠障害の一つです。十分な睡眠が取れないでいると、精神的にイライラしたり、頭がぼんやりして気分が優れないという症状を引き起こします。
また、乳幼児が睡眠不足の場合、ちょっとした事で駄々をこねたりして落ち着きがなくなったりします。さらに、寝言やいびきのように眠っている自分ではどうしようもない症状も睡眠障害にはあるのです。
このように、睡眠障害によって体調を崩してしまったり、ストレスが溜まり精神的に落ち着かずイライラを他人に八つ当たりしてしまうこともあるのです。
睡眠障害は改善を心がけることが必要です。また、症状によっては治療を要することもあります。
睡眠障害は、個人によって症状は様々ですので、自分にあった適切な対処法で、十分な睡眠をとれるようにしておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター