睡眠異常という睡眠障害 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠異常という睡眠障害

睡眠障害の中で、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、睡眠相後退症候群、ナルコレプシーが代表的な症状で、睡眠自体に問題を抱えているものを睡眠異常として分類します。
肥満の合併症とされている睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が止まることで命への危険もあることから社会問題にもなった程です。
睡眠相後退症候群は、眠る時間が少しずつずれてしまい、昼夜が逆転してしまうなど、夜に寝て朝起きるといった普通の生活ができなくなるのも睡眠障害なのです。
睡眠障害で最も患者数も多く、有名なのが不眠症です。
不眠症にもいくつかの種類があり、入眠困難のように寝つきが悪くなる、途中覚醒のように睡眠の途中で目が覚めて再度寝ようとしても寝付けない、熟眠障害のように熟睡できず目覚めてもスッキリしない、早朝覚醒のように朝早くに目が覚めてしまうなどの症状があります。
さらに睡眠障害は眠れないというだけでなく、毎日の睡眠時間が15時間以上の状態が数日から2週間ほど続く過眠症があります。これは、青年期に多くみられる過度に睡眠を取ってしまうという症状です。
これら睡眠異常や睡眠障害の原因としては、ストレスや不安、ケガの痛みや病気との合併があります。
また、眠る際の温度や湿度、騒音、たばこやアルコールの過剰摂取など外部的な要因も考えられるのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター