栄養バランスと睡眠障害 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

栄養バランスと睡眠障害

健康的な体を作るにはまず食事の栄養バランスがしっかりとしていなければいけません。睡眠障害にも栄養バランスはとても大切なものです。
最近では簡単に食べることができるファーストフードやコンビニなどのお弁当で済ませる人も多く、とてもいい栄養バランスとはいえない状態が多く見られます。
また栄養バランスの方よりは不健康の元だけではなく、肥満の原因ともなります。
ではどのように栄養バランスを見直していけばいいのでしょうか。
まず睡眠障害の方でよくありがちなのは、朝ごはんを抜いて生活を始めるという行動にあります。これは体内の調整を鈍らせてしまう一番してはいけない行動です。
食事のリズムとしては朝はしっかりと食べて夜は軽く済ませるというのが理想的な食事のスタイルです。食べ物の中で睡眠障害によいとされているものは牛乳やレタス、納豆やアサリなどのが揚げられます。これらに含まれている栄養が体内の環境を整えてくれるためぐっすりと眠ることができます。
とくに牛乳に含まれているトリプトファンという成分は眠りを促す働きがあるため寝る前にホットミルクを飲むとより効果的な快眠効果が現れます。
睡眠障害でお困りの人はこのように食べ物から見直してみるのもいかがでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター