様々な睡眠障害 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

様々な睡眠障害

睡眠障害の中でも、睡眠中に引き起こす行動症状を「睡眠時随伴症」と呼んでいます。これは「夜尿症」として、無意識の中で尿意を感じず、お漏らしをしてしまうものがあげられます。他に「夜驚症」として、睡眠中急に叫び声をあげ、自分の声で目が覚めてしまう症状もあてはまります。
「催眠麻痺」が見られる方も睡眠障害が起こっている事になり、注意が必要です。これは、頭は目覚めて意識があるのに、体だけが眠っている様に感じ、力が入らない症状です。この症状には幻覚症状が現れる場合もあり、自分の体の上に人がいる様に感じる方もいるそうです。いわゆる「金縛り」と考える方もいて、間違って判断している方もいるでしょう。この睡眠障害を「金縛り」だと思い込み、心霊現象に恐れ、霊媒師に頼る方もいるそうです。
「睡眠時遊行症=夢遊病」も睡眠障害の1つです。眠っている間に、いつのまにか勝手に外へ出歩き、本人は覚えていません。この症状は非常に危険です。歩き回っている間に怪我や転倒の恐れがあるからです。また寝言が頻繁で、話す時間も長くなると、睡眠障害に含まれる場合があります。
特にこれらの症状は、ストレスと密接に関係があるとされています。心療内科なども含め、病院で診断して貰う事が一番近い対策法となるでしょう。明確な治療や診察を行えば、これらの睡眠障害も治まり、気持ちも楽になるはずです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター