朝の生活リズムと睡眠障害 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

朝の生活リズムと睡眠障害

睡眠障害の人の中でも仕事や勉強のために夜遅くまで起きて朝早く行動する人は多いのではないでしょうか。朝がつらくて起きることができない人はついついギリギリの時間に起きてしまったり、かなり遅い昼近くの時間に起きてくる人もいます。
睡眠障害を引き起こす人はこのような状態の人が多く見られるようです。生活すべてのバランスを急に調整するのは中々難しいものですが、朝のほんの少しの時間の改善をしてやるだけで睡眠障害は大分軽くなります。
まずはじめに行うことは朝をいつもより少し早めに起きてみましょう。最初は辛いかもしれませんが、体は徐々に時間をずらし始め、夜早い時間に眠くなってくるようになります。そうすると睡眠時間のリズムも改善され、夜に眠くならない人もその生活リズムを改善できるようになります。
そして朝早く起きるようになれば、朝の時間に余裕ができます。この時間にしっかりと朝食をとり、体をすっきりと目覚めさせてあげると睡眠障害のためにずれた体内時計も調整されるようになります。
そして逆に体を落ち着かせるために夕食は控えるようにすると体は休むモードに入ります。
睡眠障害で悩んでいる人は朝の時間をぜひ有効活用してみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター