昼寝と睡眠障害の関係 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

昼寝と睡眠障害の関係

睡眠障害と言っても様々な種類があります。一日のうちに全く眠れない人もいれば、昼と夜が逆転してしまう人もいます。睡眠時間が定まっておらず、昼寝という形で夕方まで寝てしまい夜は寝れないという人も多いようです。
昼寝が中途半端な時間になると夜が眠れず、睡眠障害になるとなれば昼寝をしない方がいいのではないかと思いがちですが、実は昼寝はとても体にいいものなのです。
規則正しい昼寝を行うと、午前中に使った集中力を元に戻すことができ、気分もすっきりとすることができます。だいたい20分程度を目安として軽い睡眠を取るようにするといいでしょう。そしてあまり熟睡しないように注意しないといけません。昼間に熟睡してしまうと、逆に体にだるさが残り、集中力の低下にもつながります。睡眠障害の人はこういった間違った昼寝の仕方をしている人も多いようです。
すでに睡眠障害の人で、自分20分前後におきるのが難しいと思うようなら寝る前に1杯のコーヒーや紅茶のようにカフェインが含まれている飲み物を飲むといいでしょう。ちょうど20分後ぐらいにカフェインの効果があらわれ、眠気をすっきりととってくれます。
昼寝を有効活用し、睡眠障害をしっかりと改善していきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター