睡眠障害解消には環境も大切 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害解消には環境も大切

睡眠障害を解消するには、リラックスする事が大切ですが寝室の環境も大切です。寝室の照明を適したものにしたり、インテリアを落ち着くものにしてぐっすり眠れる環境を作るようにしましょう。
しかし、部屋の中の環境を整えただけでは睡眠障害の解消にはなりません。ご近所の家の生活音、話し声、歩く靴音や車のエンジンなど夜は結構気になるものです。睡眠障害解消の為には防音の対策もしたいものです。
まず、寝室のインテリアですが照明は明るすぎるのは良くありません。人間の体は夜は副交感神経が優位になる為、休息を求める体になってきます。昼間は日光を浴びるので体は活動するように交感神経が緊張状態になっています。
ですから寝室が明るいと体が上手く反応せずにいつまでも活動状態のままになるのです。寝室は間接照明や落ち着いた明るさにしましょう。また、インテリアの色も青などの寒色が興奮を鎮めてくれますので布団カバーなどに使うと良いでしょう。
防音対策は、気になるようであれば防音カーテンを使うとか、雨戸を閉めると効果的です。これだけしても気になるようなら、耳栓も使ってみましょう。インテリア、音そしてもう1つ睡眠障害解消の為に大事なのが温度と湿度の管理です。
快適な睡眠の室温は夏は25℃、冬は15℃くらい、湿度は50%が最適です。エアコン等で調節しましょう。このように、寝室の環境を見直し睡眠障害を解消していくようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター