睡眠障害を診断する方法 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害を診断する方法

睡眠障害は様々な影響を及ぼしかねないので、できるだけ早期の治療が大切です。睡眠障害の診断方法として、症状や過去に患った病気についての問診をし、反復睡眠潜時検査やポリオグラフ検査などが行われます。

そして、検査結果をみて今起こっている睡眠障害がどの種類に分類されるのか診断するのです。睡眠障害の一つである睡眠時無呼吸症候群の疑いがある時にはこの検査が用いられます。
睡眠時の呼吸や心拍、脳波、眼球の動き、筋電図から病状を調べ、診断をします。しかし、何科を受診すればいいかわからないという人は多いのではないでしょうか。

喉の異常を感じて呼吸器科の病院を受診した際に、睡眠障害を疑われる場合があります。
睡眠障害が精神病との合併で起こっている場合や、ストレスが原因で睡眠障害を起こし病気になってしまうような場合には、心療内科やメンタルクリニックのような病院に受診する人もいます。

睡眠外来や精神科、メンタルクリニックのように睡眠障害に関する科は色々あります。最近は、睡眠障害専門の外来を設けている病院もあります。

睡眠時無呼吸症候群など、体への負担が大きい睡眠障害もあります。時には命に関わる危険性もありますので、睡眠に関して少しでも不安のある人は早めの受診をお勧めします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター