睡眠障害を引き起こす理由 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害を引き起こす理由

睡眠障害になるには様々な原因が考えられ、慢性化したものと、一過性のものが考えられます。
睡眠障害が慢性化してしまう理由として、ストレスでイライラが募ったり、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経の乱れなどが考えられます。これらの理由が解消されない限り睡眠障害の症状は改善されません。時には悪夢を見てしまうこともあります。
また、酷い肩こりや加齢によっても睡眠が取れなくなってしまうこともあるのです。
うつ病など精神的なことが原因で起こる睡眠障害は深刻な状態になることも考えられます。
睡眠障害は慢性化してしまう前に適切な治療が必要です。一過性の睡眠障害は経験したことのある人が多いのではないでしょうか。
試験の前や大事なイベントの前、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインの摂りすぎ、アルコールの摂りすぎ、ケガの痛みや体のかゆみなどで寝付けなくなり睡眠障害を起す場合があります。
心配事がある時や、不安感が強い時にも睡眠障害になることがありますし、生活習慣の乱れで昼夜逆転したような生活も十分な睡眠を得られなくなるといわれています。
慢性化にせよ一過性にせよ、睡眠障害の原因を取り除き、十分な睡眠を得られるような対策が必要です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター