スポーツと睡眠障害の関係 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

スポーツと睡眠障害の関係

睡眠障害を起こしている人は体にだるさが残り、中々運動する気になれないかもしれません。しかし睡眠障害を改善するにはスポーツで体を動かすという方法もあります。
激しい運動をする必要はありません。ジョギングでおウォーキングでも少しでも体を動かしてやるだけでも睡眠障害に対してはかなりの効果を表します。
体に対して運動は体内環境を調整してくれます。スポーツをすると体は体温が上がり、興奮した状態になるためこの状態では眠くはなりません。眠気を誘うのは体温が徐々に低くなってきたときになるもので、スポーツをした昼間に温度を上げておき、その温度が徐々に低くなるのが夜という風に体内時間を調整することができます。
ですので適度な運動は体をゆっくりと疲れさせてその日の夜にはぐっすりと眠ることができるためぜひ体を動かしてみましょう。
睡眠障害に有効的な運動としては、有酸素運動があげられます。これはジョギングやウォーキング、または軽いストレッチなどがあげられます。血行をよくすると体内温度の調節もスムーズに行われるためより快眠には効果的です。
激しい運動を起こす人も、リラックスできるヒーリングミュージックを聞きながらゆっくりすると睡眠障害には効果的です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター