睡眠障害の治療方法 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害の治療方法

睡眠障害は、夜になってもなかなか寝付けない場合や病気などによって、痛みや不快感によって眠れない場合などがあります。しかし、どのような場合でも、睡眠障害を改善する治療方法があるので、医師に相談すると良いでしょう。
睡眠障害は、精神的な要因で寝付けない場合や何らかの病気によって、痛みや不快感が強く寝付けない場合などがあります。精神的な要因で、緊張や不安感によって、寝付けない場合は睡眠薬を投与してもらう場合があります。このように、薬を使って睡眠障害を改善する方法は、薬物療法といいます。以前は、睡眠薬と言うと飲みすぎると命を落とすものというイメージがありますが、最近は、少量でも効果が発揮できるものなどが研究や開発によって、寝付けない理由によって薬を使い分けることができます。そして、睡眠障害では薬に頼らない治療方法もあります。この方法を非薬物療法といいます。非薬物療法では、体内時計が狂っているのを故意に眠い状況を作り、寝付きやすくするものや2,500?3,000ルクスの光を作り出して行う高照度光療法や自律神経を整えるようなリラックス法によって、睡眠を促がすものなどがあります。
睡眠障害の治療を行うときは、痛みや不快感があるときは、その原因の治療を行いながら、睡眠障害のケアを行っていく場合もあります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター