睡眠障害に効果的な入浴法 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害に効果的な入浴法

お風呂は疲れた体をリラックスさせるのに良い効果があります。入浴する事によって体が温まり、緊張した筋肉もほぐれます。そうすると眠りやすくなります。睡眠障害で悩んでいる人は、正しい入浴法で解消してしまいましょう。
お風呂は疲労が取れますし、体を清潔にします。疲れを取るためには、湯船にゆっくり浸かるようにします。また、体が不潔だと皮膚炎の原因になったりしますからその影響で(痒みなどが出て)眠れなくなる事もあります。体をきれいにする事も大切なのです。お湯の温度は40度程度のぬるめにし、ゆっくり浸かって体の芯まで温めます。
そうする事で睡眠障害から解放されるでしょう。シャワーだと芯まで温める事は出来ません。温浴効果のある入浴剤を使うのもお勧めです。早く温まりたいからと言って高温のお湯に入る人がいますが、交感神経を刺激し過ぎると副交感神経の働きが妨げられ、睡眠障害になってしまいます。
長い間浸かるのが苦手だと言う人は、足湯や半身浴もお勧めです。睡眠障害を改善するにはぬるめのお湯にゆっくり(30分程度)浸かり、入浴後は早めに布団に入る事です。入浴直後は体が上がった体温を下げる働きをしますから、遅くとも入浴してから1時間後くらいには布団に入るようにすると睡眠障害に悩む事無く快適な眠りにつけるようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター