睡眠障害に効果のある薬 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害に効果のある薬

睡眠障害は、体内時計が狂って一時的に眠れないものや病気によって、痛みや不快感によって眠れない場合があります。しかし、病気が原因で眠れない場合も、病気が治れば睡眠障害が解消される場合もあります。ですが、症状が長期的に現れるものに、精神疾患や精神状態によって、なかなか眠れないと訴える場合は、治療が長引くこともあり、薬に頼って改善することもあります。
睡眠障害に使われる薬は、医師の処方に基づいて正しく飲むことが原則です。以前は、睡眠薬と言うと大量に飲むと、命が危険に及ぶものとして捉われる場合もありましたが、最近、使用されている薬は安全なので、長く睡眠障害に悩んでいる人は、心療内科や神経内科、精神科などで診察を受け、適した薬を処方してもらうようにしましょう。
具体的な睡眠障害の薬には、ベンゾジアゼピン関連の薬が用いられます。この薬は、自然に眠気を誘う薬なので、服用後はふとんに入り、横になるようにしましょう。すると、自然に眠れるようになります。そして、何らかの病気によって、寝付けない場合は痛みや不快感を改善する薬を併用します。また、精神的な緊張や不安によって、寝付けない場合は、抗不安薬や筋弛緩剤などを併用します。睡眠障害に使われる薬は、現在、さまざまなものがあるので、症状にあわせて薬を処方してもらうようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター