睡眠障害に関わる睡眠時間 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害に関わる睡眠時間

睡眠障害は、睡眠時間が足りていても、翌日に疲労感や倦怠感がある場合もあります。睡眠障害は、睡眠時間も大きく関わりますが、睡眠そのものの質も問われます。
睡眠障害で問われる問題に、睡眠時間があります。人体には、体内時計が備わっており、そのリズムが狂うと睡眠障害の症状が現れます。よく聞かれるのは、海外旅行で起こる時差ボケも体内時計が狂ったことで起こります。しかし、時差ボケは、一般的に一時的なもので起きている時間帯や睡眠に入る時間帯を調節すれば、解消されます。ですが、階が旅行などもなく、慢性的に睡眠不足を感じる場合があります。その理由には、人体の体内時計は、24時間ではなく25時間周期で作用しています。そのため、1日24時間で生活している人間は、睡眠不足を感じるのかも知れません。体内時計と実際の時間の流れのずれは、日光を浴びることで解消されると考えられています。そして、若年層は、朝、目覚めてから14?16時間後には、眠気を伴います。このリズムが崩れないように生活していれば、睡眠障害は起こりにくいと考えられますが、ストレスや深夜まで起きて生活が続くと、睡眠障害になりやすいようです。
また、一般的には、8時間睡眠が良いとされていますが、個人差があります。8時間に満たない睡眠時間でも、質のよい睡眠が取れていれば、睡眠障害になることはありません。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター