睡眠障害による問題 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害による問題

楽しみにしているイベントや大事な試験の前日など、寝なければいけないと思いながらも気持ちが高ぶりなかなか眠りにつけない、突然睡魔に襲われてこらえるのに苦労したという経験をしたことがあるのではないでしょうか。
眠りたいのに眠れない、寝つきが悪い、仕事や勉強に悪影響がでるほどの強い睡魔に襲われるなど、睡眠に関する様々な問題を総称して睡眠障害といいます。
睡眠障害の症状は様々で個人差も大きく、睡眠時間や睡眠の質、寝つきの良し悪しなど個人によりその差はありますが、多かれ少なかれ誰しも経験している人が多いようです。
睡眠障害の症状は、ICSD(睡眠障害国際分類)という分類法でいくつかに分けられています。
まず、睡眠異常とされる不眠症、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーがあります。
次に、睡眠時随伴症とされる、寝ている間に夜驚症や睡眠麻痺のような問題行動を起してしまうことがあります。
次に、不眠にうつ病のような精神病を合併している場合です。
そして、内科・精神科的睡眠障害といわれる、過眠に陥る症状で短時間睡眠者と長時間睡眠者にも分けられますが、これは分類上は確定されていません。
睡眠障害により、体調不良やストレスなど身体的に悪影響を及ぼす場合もありますので、気になる症状がある人は早めに診察を受けるようにしてください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター