睡眠障害と男性の場合 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と男性の場合

睡眠時間は、人生の3分の1に当たるといわれています。ですから、出来るだけ、質のよい睡眠をとりたいものですが、男性の場合は、仕事に関する悩みや不安によって、睡眠障害になる可能性もあるようです。
男性の睡眠障害には、精神的に緊張したり、不安に感じたりすることで、眠りに付きにくい場合があるようです。そのような状態が長く続くと、睡眠障害として、日中の生活にも支障が出てきます。また、男性は、外出先でアルコールを飲む機会が多く、寝付いてもしばらくすると目覚めてしまったり、トイレに起きたことで目が覚めてしまったりするようです。
男性に睡眠障害が多い理由に、睡眠時無呼吸症候群の発症があります。この症状は、眠っている間に呼吸が止まったり、のどの空気の流れが悪くなったりする状態が、睡眠中に繰り返される状態になります。そのため、睡眠の質が低下する症状です。
睡眠時無呼吸症候群は、朝、目が覚めても「疲れが取れない」「熟睡した感じがしない」「起きると頭痛がする」などの状態が続きます。ですから、睡眠時間が十分足りていても、このような状態が続く場合は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
この症状は、全国に250万人いるといわれています。また、いびきをかく男性の全体の60%といわれています。睡眠障害は、女性よりも男性の方が多いようです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター