睡眠障害と心の病気 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と心の病気

睡眠障害は、現代病として多くの方が症状を訴え、今注目されています。また睡眠障害にも様々な分類がされており、症状が深刻化すると非常に体に悪影響を与えてしまいます。
睡眠障害の中には、心の内であるメンタル部分が影響し、副作用として起こる症状もあるのです。パニック障害・うつ病と言った心療内科などと関連して併発する場合もあります。また、パーキンソン症候群・てんかんなどから引き起こされる神経疾患も、影響して来ます。内科の分類となる喘息などを患っている方にも、この睡眠障害は起こるそうです。
これらが原因の睡眠障害は、熟睡が出来ず、質の良い眠りを遠ざけてしまいます。不眠状態に陥っている中、更にそれぞれの症状の為に治療薬を飲まなければなりません。これらの治療薬の殆どが、眠気を伴う軽い副作用がありますので、日中はつらいはずです。
昼間の動き回る時間帯に眠気が襲い、それと戦いながら行動するのは非常に厳しいものです。精神的な面で睡眠障害が起こる場合は、酷くなると不眠から妄想・幻覚が現れるようになってしまいます。不眠による睡眠薬の使用や、中間覚醒なども症状に輪を掛けてしまいます。認知症や頭痛などが見られる場合もあり、ますます神経が消耗されてしまいます。
まずこれらの睡眠障害を抑えるには、心や体の内側から治療を始めなければなりません。専門医師と相談し、治療薬の調整なども考慮して行きましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター