睡眠障害と女性の場合 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と女性の場合

睡眠障害は、脳を休ませることが出来ないので、精神的に疲労が溜まりやすい状態になります。眠らなくても、横になったり、座ったりすれば肉定的な疲労は取れますが、脳の疲労は、熟睡を行わなければ、回復することが出来ません。
睡眠障害は、誰にでも起こりうる症状で海外旅行に出かけた際も、時差ボケによって、睡眠障害になる場合もあります。そして、女性が陥りやすい睡眠障害には女性ホルモンの作用を受けている場合があります。
女性特有の睡眠障害には、生理の前後に起こる軽いものもあります。睡眠時間が十分に取れていても、寝たりないように感じたり、目覚めが悪かったりします。これを「月経随伴睡眠障害」いいます。また、更年期や妊娠、出産の前後などにも睡眠障害が起こります。妊娠中に起こる睡眠障害を「妊娠随伴睡眠障害」といわれます。妊娠中は、女性ホルモンの影響が顕著に現れるので、眠気が強く出る場合もあります。
女性は、家事や育児によって、睡眠不足になる可能性が多く、睡眠障害になる場合があります。朝、早起きをする場合は、日中に15分ほど昼寝を行うことで解消される場合もあります。一般的に、一日中やることが多い女性は、睡眠時間を削って、家事や育児を行っている場合が多いので、軽度の睡眠障害のうちにケアを行うようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター