睡眠障害と自己評価 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害と自己評価

睡眠障害は、軽度のうちに治療や改善を行えば長期化することはありません。ですから、疑わしいときは、生活の見直しや医師の診察を受けるようにしましょう。
睡眠障害は、眠れないことを訴える不眠症が多く見られます。その理由には、病気が原因になっている場合もありますが、精神的な緊張や不安による場合は、長期化する場合もあります。そこで、世界保健機関(WHO)が中心となり、2000年にアテネ不眠尺度が作られ、不眠の評価基準になっているものを用いて、自分の不眠の程度を評価することが出来ます。睡眠に関する問いが8問あり、4段階で評価を行います。評価の対象になるのは、過去1ヶ月にあたる睡眠の状態になります。
1問目が寝付くまでの時間、2問目は就寝中に目が覚めたか、3問目は希少時間、4問目は睡眠時間が十分であるか、5問目は睡眠の質について、6問目は日中の気分、7問目は精神と身体面の活動状況、8問目は二中の眠気の度合いについて設問が行われます。各設問に、0点の全くないから相当当てはまるの3点で自己評価を行い、合計の点数が4点以上の場合に睡眠障害である可能性が高くなります。
睡眠障害は、一時的な緊張や心配ごと、時差ボケなどの軽度ですむ場合もありますが、精神的な問題が関わっている場合は、長期化する可能性もあります。また、睡眠障害から精神疾患を患うこともあるので、早めに治療を行いましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター