アロマテラピーで睡眠障害を解消 〜 睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

アロマテラピーで睡眠障害を解消

睡眠障害に悩む人が増えて来ました。やはり睡眠は満足するものを得たいものです。そんな人にお勧めするのがアロマテラピーです。
ハーブは薬効効果を持つものもあり、そこからアロマオイルを抽出します。それをお風呂に加えたり、石鹸やキャンドルに入れたりしてリラックス効果を得る事が人気となっています。その中に睡眠障害に効果があるアロマがあるのです。それは眠りを誘う甘い香りで、寝室や枕元に置くだけで寝付きが良くなり、睡眠障害の症状が軽減されます。代表的なものがラベンダーです。ラベンダーは不眠解消だけでなく鎮痛効果もあり、昔からよく使われています。大変人気があり、ドライにしてポプリを作り枕元に置くだけで緊張感が取れ気分が落ち着きます。
ラベンダーの他にはネロリも睡眠障害に有効です。フローラルの香りでリラックス出来ます。このハーブは他に美容にも良いとされています。緊張や不安、イライラで眠れないといった人は、カモマイルが有効です。香りはリンゴに似ており、ヨーロッパでは多く利用されています。
ストレスが溜まると睡眠障害になる事もあり、そういった場合はマージョラムが良いでしょう。香りはややスパイシーで、気分が落ち着きます。他に筋肉痛や肩こり、冷えにも良いとされています。血液循環を良くしてくれるハーブです。他にクラリセージやイランイラン、オレンジ等も効果があります。アロマで心地よい眠りを手に入れましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター