睡眠障害

main_top_over_navi
main_top

新着コンテンツ

睡眠障害の症状を把握しよう

「もしかすると自分は睡眠障害なのでは」と不安に思う方は、少しでも早めの対処をして行きましょう。睡眠障害と言っても、1つのタイプに分類される訳ではありません。それぞれタイプがあり、自分に起こる睡眠障害に合った、適切な処置を行う事が求められます。 まず対策を練る前に、自分の睡眠障害の症状を詳しく理解する事が大切です。自分の様子を知る事は、医師に相談する際にも非常に役に立ちます。睡眠中の状態はどういったものか、どんな症状が引き起こされるのか。また、日中の体の調子や眠りにつく際の様子なども、細かく記録して行きましょう。 家族のいる方は、自分の就寝中の様子をチェックして貰うのも分かりやすいでしょう。一人暮らしの方などは、ビデオにおさめておくのも、後で説明しやすくなります。 これらの睡眠障害の症状を詳細に報告すれば、睡眠障害のタイプが分かり、病名が明確になります。医師の立場からも、非常に判断つきやすく今後の治療にも便利でしょう。 昔は、睡眠前にアルコール摂取を行えば、深い眠りへ導いてくれると考えられていました。しかし現代では、それは返って質の悪い睡眠を引き起こす原因と言われています。寝る直後のアルコールは控え、またバスタイムを有効に活用し、心身ともにリラックスさせる事が大切です。アロマオイルや寝室の明かりの調整など、自分がより心地良く感じる空間を作る事から始めましょう。 ...
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 睡眠障害 All Rights Reserved.

専用ジェット機のチャーター